株元への粒剤散布が立ったままラクラク!
ハンドルを押すだけの「プッシュ方式




1〜5gの薬剤(粒剤)株元散布器(スポット散粒機)

 立ったまま、素早く株元への粒剤散布ができ、腰の負担がありません。
 亜リン酸粒状肥料やオンコル粒剤、オルトラン粒剤、ダイシストン粒剤、リドミル粒剤などの粒剤株元散布に最適!
 スプーンで測りながら、腰をかがめて行っていた粒状肥料の追肥も「散ぽ」で、立ったまま楽々行えます。
特許第5789841号

散ぽの使い方

吐出口を作物の株元に近づけ、接地板を畝表面に接地させて、そのままの状態でハンドルを押し下げます。

ハンドルを押し下げると、株元に定量の薬剤が散布されます。(ご使用前に散布量の調整確認を行ってください)

器具を持ち上げると、ハンドルが元の位置に戻り、散布処理の完了です。次の株元へ同様に散布してください。



お客様の声で黒大豆栽培の「亜リン酸粒状肥料」株元散布という用途が増えた散ぽ・KW5

 丹波地域の黒大豆産地では、数年前から一部の地域で「亜リン酸粒状肥料」の株元散布を行っておられるそうです。

 ところが、この「亜リン酸粒状肥料」は筋撒き型やモーターなどで送出す型の散布機では散布量が過多になるため、
 スプーンを使って測りながら1株1株に撒いておられたそうで、屈んで黒大豆の葉をよけて株元に粒剤を撒くのは
 かなりの重労働だったそうです。

 ある時、「散ぽ」を見せたお客様から「亜リン酸粒状肥料」で使えないかとの相談をいただいたのがきっかけでした。

 「散ぽ」で1プッシュあたりの散布量を測ったところ「亜リン酸粒状1号」で約1.2〜7.2g、「亜リン酸粒状2号」で約0.8〜4.8g
 という結果が出ました。
 黒大豆に使用する「亜リン酸粒状肥料」は10aあたり4kg(一株あたり1.5〜2gくらい)の散布量なので、ちょうど使える範囲な
 ので、今では黒大豆を育てるお客様に立ったまま「亜リン酸粒状肥料」を1プッシュ散布してご利用いただいています。


散ぽ 手動プッシュ式粒剤散布器 主な諸元について

 名称・形式  手動プッシュ式粒剤散布器 散ぽ・KW5
 寸法  幅120×奥行270×高さ730mm
 重量  1.3kg
 ボトル容量  2.0リットル
                                     特許第5789841号


肥料散布量(参考)
 名称  散布量
 亜リン酸粒状1号  1.2〜7.2g/1プッシュ
 亜リン酸粒状2号  0.8〜4.8g/1プッシュ
注意!:肥料の形状によって、使用できないものもございます。

粒剤散布量(参考)
 名称  散布量
 オンコル粒剤  0.8〜2.0g/1プッシュ
 グランドオンコル粒剤  1.4〜2.8g/1プッシュ
 オンコルスタークル粒剤  1.2〜2.7g/1プッシュ
 オルトラン粒剤  1.0〜3.0g/1プッシュ
 ダントツ粒剤  1.2〜3.5g/1プッシュ
 ジャッジ箱粒剤  1.0〜2.3g/1プッシュ
 リドミル粒剤  2.4〜5.4g/1プッシュ
注意!:粒剤の形状によって、使用できないものもございます。

・標準価格 15,730円(税別)

パンフレット(PDF)ダウンロード


※写真は開発中のものです



製品一覧
粒剤 薬剤散布機 スポット散粒機の株式会社サンエー TEL:077-569-0333 FAX:077-569-0336
Copyright (c) San-Eh Co.,Ltd. All Rights Reserved.