甘藷苗の植付けは立ったままラクラク!

腰をかがめながらのつらい植付作業から開放!


甘藷(さつまいも)苗の植え付けは通常、腰をかがめながらの連続作業となり、大変な重労働です。
「さすけ」を利用すれば、立ったままの姿勢で挿苗できますので、今までの作業と比べて大幅に労力が軽減されます。
甘藷栽培につよい味方としてお使いください。

実用新案取得(登録第3149732号)


植え付け手順



甘藷の苗づるの尻をさすけ先端のU字溝に引っかけ、大小2つのフィンに、苗をらせん状に引っ掛けてシャフトに絡めると、苗を保持することができます。


苗を保持したままピック先端を下に向け、植えつける位置に押し当てます。


斜め植えの場合は斜め下に、垂直植えの場合は真下に押し込みます。


さすけをゆっくり引き抜いて植え付け完了です。

さすけ使用例の動画





主な諸元

 名称・型式

さすけ AP−02(リストループ付き)

寸 法

長さ630mm×幅95mm×厚み22mm

重 量

200g

用 途

かんしょ(さつまいも)苗の植え付け

価格(税別)

3,300円

 

※甘藷は別名、薩摩芋、唐芋、琉球薯とも。愛称も多く、金時さんと呼ぶ地域もあります。
 品種も様々で、紅あずま、鳴門金時、紫芋など、芋の色まで様々ですが、
 植付はほぼ、芋づる(サツマイモの茎)を地面に植込む方法のようです。
 甘藷の作付作業軽減に普及を目指す「さすけ」ですが、「さすけ」にできない
 植付方法がございましたらお知らせください。



製品一覧

甘藷の植付け器具は株式会社サンエー TEL:077-569-0333 FAX:077-569-0336
Copyright (c) San-Eh Co.,Ltd. All Rights Reserved.