トラクタ用インプルメント

KT10A-P シリーズ
 
大豆・麦などの播種と同時に薬剤(除草剤)散布
 


KT10A-120P2(全面散布用)
(散布幅:140〜240cm 可変式)
 
KT10A-40P2(2条株元散布用)
(散布幅:1条あたり40cm)
 

 

薬剤散布機KT10A-Pシリーズの特徴

 
播種機(大豆・麦など)の後ろに取り付け、
播種と同時に除草剤を散布します。
栽培体系に合わせて、スジ散布から全面散
布まで様々な型式をご用意致しております。
散布のON/OFFは手元レバーでラクラク。
散布量はホッパ部で自在に調整できます。
散布口には拡散モーターを取り付けており
ますので、薬剤が均一に広がります。

   
   

  

・薬剤ホッパおよび散布口は播種機の後部に
・散布機のON/OFFスイッチは作業者の手元に
・トラクタのバッテリーから、拡散モーターおよび攪拌
 モーターを駆動する電源を取ります。

サンエーと農業試験場との麦・大豆同時除草剤散布機の取組み

          http://www.san-eh.co.jp/kt10ap/doujishori.pdf


 

薬剤散布機KT10A-Pシリーズ 各型式の散布幅および仕様

 
栽培体系やロータリーの幅に合わせた、さまざまな散布幅の型式をご用意いたしております。株元散布や全面散布など、栽培方法に合った最適な型式をお選びください。
 

   
    

KT10A-120P2

全面散布用

 
 

・散布形態: 全面散布
・散布幅: 140〜240cmの可変式



※KT10シリーズは後継機最新型のKT20シリーズに引き継がれました。
KT20A-120P2などについてはこちらへ
 

KT10A-40P2

2条株元散布用

KT10A-40P3

3条株元散布用

・散布形態: 株元(条)散布(2条植え)

畝間を中耕する場合、株元のみ除草剤散布します。

・散布幅: 40cm(散布口1個につき)
・散布形態: 株元(条)散布(3条植え)
・散布幅: 40cm(散布口1個につき)
・ホッパ数: 2個(散布口が3個以上の場合)
 株元散布(条散布)は環境保全農法
 株元散布(条散布)は、薬剤の散布量を慣行法(全面散布)の1/2に抑えられる事から、平成19年施行の
 「農地・水・環境保全向上対策」
に対応する事ができます。
 

  

薬剤散布機KT10A-Pシリーズ 各型式の主な諸元

 
名称 薬剤散布機KT10A-Pシリーズ 電源 トラクタバッテリー 12V直流
ホッパ容量 5リットル(1個あたり) 適応農薬 トレファノサイド粒剤、エコトップ粒剤、クリアターン粒剤 など
散布幅 上記各型式を参照 標準散布量 3〜5kg/10a
散布方式 回転羽根拡散方式 取付位置 播種ユニット固定用角パイプ(50mm角バー)



※KT10シリーズは後継機最新型のKT20シリーズに引き継がれました。
KT20A-120P2などについてはこちらへ


 


製品一覧

粒剤 薬剤散布機 開発の株式会社サンエー TEL:077-569-0333 FAX:077-569-0336
Copyright (c) San-Eh Co.,Ltd. All Rights Reserved.